相続をお考えの方へ

未分類


相続対策で1番効果があるのは、相続財産を減らすことです。

「資産の圧縮」かつては色々な方法があり合法的に評価を下げることが出来ましたが、当局の相続税の引き締めで現在はほとんど不可能です。

不動産において、小規模宅地の特例は現在も有効ですが、多くの資産家にとっては正に焼石に水レベルの特例です。

ただ唯一、相続財産から外すことの出来るものがあるのです、何だと思いますか?

「受取人固有の財産」このワードでピント来た方は相当詳しく方です。

被相続人から受け継ぐ財産が元々受け取った人の財産だった。

え? 本当ですか? こんな声が聞こえて来ます。

本当なんです。当然遺産分割協議のテーブルにも乗りません。

そんな資産があるの? あるんです。

勿体つけてしまいましたね、それは保険金です!生命保険の保険金。

わかりやすい例を1つ、実際にあった話です。

秋田県の郊外に広い土地を持っている方がいました。

不動産有効利用と称して、営業マンに勧められて賃貸住宅を何棟か建てました。しかし思うようには借りてが付かず数億の借金を残し亡くなってしまいました。

銀行預金は8000万くらいありました。しかし数億の借金を相続放棄する為には預金も全て放棄しなければなりません。

ところが1人娘を受取人に約1億円の生命保険に加入していました。

受取人固有の財産、相続財産ではないので、もちろん相続放棄する必要はありません。娘さんは保険金の1億円を自分の資産として引き継ぐことが出来ました。

手品みたいな話ではないでしょうか? 銀行に置いてある8000万は相続出来ませんでしたが、保険という金融資産にしておくだけで財産保全がされたわけです。

もっと詳しくお話しすると税務上は「みなし相続財産」という括りになります。

相続財産ではないけれど、相続税はその部分だけ課税します、実際は相続税は払っていただきます、という財産です。しかし保険金は他の財産と合算されませんので、分離課税されるため税率は低く抑えられます。

親から子へ夫から妻へ、相続される財産を元々その人が持っていた財産、権利はその人のもの、保険金は「受取人固有の財産」という凄い!民法上の規定なのです。

この「受取人固有の財産」というものは相続において、色々使い道があり、大いに利用すべきものなのです。